Warning: include(/home/swrc/www/whiskeyfes/wp/wp-content/themes/wf./../../../../common/meta-block.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/swrc/www/whiskeyfes/wp/wp-content/themes/wf/archive.php on line 3

Warning: include(): Failed opening '/home/swrc/www/whiskeyfes/wp/wp-content/themes/wf./../../../../common/meta-block.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.6/lib/php') in /home/swrc/www/whiskeyfes/wp/wp-content/themes/wf/archive.php on line 3

Warning: include(/home/swrc/www/whiskeyfes/wp/wp-content/themes/wf./../../../../common/head.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/swrc/www/whiskeyfes/wp/wp-content/themes/wf/archive.php on line 5

Warning: include(): Failed opening '/home/swrc/www/whiskeyfes/wp/wp-content/themes/wf./../../../../common/head.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.6/lib/php') in /home/swrc/www/whiskeyfes/wp/wp-content/themes/wf/archive.php on line 5
NEWS最新情報
トップページ > NEWS最新情報 > アーカイブ一覧

ジャパニーズフェスとは、ウイスキー、ジン、スピリッツ、焼酎など、日本の蒸留酒すべてを対象とした大規模試飲イベントです。一部ブースではボトルの販売も行います。
日本の蒸留酒をめぐる活況が世界でも稀な注目すべきものとなっている今、「メイド・イン・ジャパンの蒸留酒」というくくりで、その面白さを知る機会として、本イベントを企画しました。

2010年代より世界中でクラフトウイスキー蒸留所の数が急増しており、日本も例外ではなく、この2年半のうちに新規の蒸留所がおよそ30ヵ所も増加しました。
日本のウイスキー蒸留所は新規の計画段階も含めると現在76を数えますが、この勢いはウイスキーだけではなく、ジンの新規オープンも急増しています。その数はなんと80を超え、ウイスキー蒸留所の数を抜いてしまいました。
このようにウイスキー、ジンは空前のブームが巻き起こっていますが、ラムやブランデーなど他のスピリッツへも波及しています。
さらに、ここに多大なる影響を与えているのは、日本伝統の焼酎です。ウイスキーにはその製造技術が活かされ、ジンのベーススピリッツとしての採用も多数あります。
日本産蒸留酒は垣根を取り払ってこそ、その魅力が倍増するものと信じています。

今回、同じ会場にウイスキー、ジン、スピリッツ、焼酎のブースが集結し、それがこのイベントの魅力の一つとなります。トータルで500〜600種の蒸留酒が一堂に並ぶ、このような機会はおそらく前例がありません。
ここから「日本の蒸留酒」という大きなムーブメントを起こすことができるのではないか、そのような期待を込めて、このジャパニーズフェスを開催いたします。

※本イベントはバーテンダー、酒販関係者に限らず、一般の愛好家の方々にもご参加いただけます。

3月26日(土)と3月27日(日)の全4部でライブ配信した「フェス初のトークショー」をYouTubeでアーカイブ配信しています。

全4部に渡り様々な角度からジャパニーズウイスキーをテーマにお話いただきました。
ウイスキーフェスティバル主催者の土屋守とラジオパーソナリティーのトムセン陽子氏がMCとなって、ジャパニーズウイスキーの造り手たちに迫っています。
45分間の迫真のトークショー!

YouTubeのアーカイブ配信はこちら→

【MC】
・ウイスキー文化研究所 代表 土屋守
・ラジオパーソナリティ トムセン陽子 氏

■第1部:3月26日(土)13:00~13:45「日本のクラフトウイスキーの夜明け」
オープニングを飾るのは今の日本のクラフトを代表するキーパーソン達。2008年に生産開始となったベンチャーウイスキーの秩父蒸溜所。“2016年組”といわれるガイアフロー静岡や厚岸蒸溜所。異業種からの参入の先駆けとなった両者に、老舗の日本酒・焼酎蔵のツワモノも。日本のクラフトはどう始まったのか。それぞれのウイスキー造りにかける想いとは。
【出演者】(五十音順、敬称略)
・株式会社ベンチャーウイスキー 代表取締役社長 肥土伊知郎
・若鶴酒造株式会社 取締役/三郎丸蒸留所 ブレンダー&マネジャー/T&T TOYAMA 共同設立者 稲垣貴彦
・堅展実業株式会社 代表取締役 樋田恵一
・ガイアフロー静岡蒸溜所 代表 中村大航
・株式会社サクラオブルワリーアンドディスティラリー 蒸留責任者 山本泰平

■第2部:3月26日(土)18:00~18:45「日本酒・焼酎からウイスキーに物申す!?」
今のクラフトを解く鍵のひとつは、日本酒や焼酎からの参入組。日本の伝統の酒造りとウイスキーとの違いとは。苦労した点や、日本酒・焼酎の技術が活かされるところはどこなのか。世界のクラフトにはない独自の視点からのウイスキー造りとは。ウイスキーの新たな世界が見えてくる。
【出演者】(五十音順、敬称略)
・木内酒造株式会社 代表取締役 木内敏之
・小正嘉之助蒸溜所株式会社 代表取締役社長 小正芳嗣
・株式会社ニセコ蒸溜所 副社長 南雲真仁
・笹の川酒造株式会社 代表取締役社長 山口哲蔵

■第3部:3月27日(日)12:00~12:45「日本のウイスキーはここから始まった」
2日目のオープニングは、日本のウイスキー100年。1923年に創業した寿屋(サントリー)の山崎蒸溜所と、1934年創業のニッカの余市蒸溜所。この2つがなかったら、日本のウイスキーは始まっていなかった。さらに竹鶴のDNAを受け継ぐ本坊酒造…。いまや“世界5大ウイスキー”の1つに数えられるジャパニーズの過去、現在、そして未来。そこには老舗ならではの、伝統に裏打ちされた貴重な提言も…。
【出演者】(五十音順、敬称略)
・サントリースピリッツ株式会社 名誉チーフブレンダー 輿水精一
・アサヒビール株式会社 ニッカウヰスキー前チーフブレンダー 佐久間正
・本坊酒造株式会社 代表取締役社長 本坊和人

■第4部:3月27日(日)17:00~17:45「日本のクラフトの未来は任せろ!!」
フィナーレを飾るのは、まだ蒸留を開始していない、あるいは少量限定生産しかしていない蒸留所の造り手たちが大集合!! 未来志向で、日本のクラフトへの意気込み、そして未来への夢を大いに語ってもらう。飛び入り(?)も大歓迎という、フィナーレにふさわしい熱いトークバトルを期待。
【出演者】(五十音順、敬称略)
・飛騨高山蒸溜所(有限会社舩坂酒造店) 代表取締役社長 有巣弘城
・長浜浪漫ビール株式会社 代表取締役/株式会社リカーマウンテン 代表取締役社長 伊藤啓
・株式会社黒木本店 代表取締役/株式会社尾鈴山蒸留所 代表取締役 黒木信作
・SASAKAWA WHISKY株式会社 代表取締役 笹川正平
・十山株式会社井川蒸溜所 所長 瀬戸泰栄
・合同会社新潟小規模蒸溜所 製造責任者 堂田浩之
・吉田電材工業株式会社 代表取締役社長/株式会社ヨシデン 代表取締役社長/吉田電材蒸留所 所長 松本匡史


新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、様々な対策を練っております。
一例を以下に記しますが、時勢に合わせて追加・修正を行います。
詳細については、追って公開いたします。

完全前売制
デジタル化を進め、入場者情報を把握します。
完全入替制
各部の入場者を800名上限とし、密を防ぎます。
マスクの着用義務
試飲時以外、常にマスク着用をお願いいたします。
非接触決済の推進
場内をキャッシュレスにし、現金授受による接触機会を低減します。
様々な感染対策
体温測定、アルコール消毒など、対策を徹底して行います。

2021年3月2日

ジャパニーズウイスキーフェスティバル実行委員会

拝啓 時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
 4月24日、25日に予定していた「ジャパニーズウイスキーフェスティバル2021」を中止とする決定をいたしましたので、ここにご案内申し上げます。

 「ジャパニーズウイスキーフェスティバル」は本来であれば2020年に第1回を開催する予定でしたが、当時新型コロナウイルスが猛威を振るう中、延期そして開催を断念せざるを得ませんでした。今年こそはとさまざまな対策を練り、ギリギリまで開催に向けた議論を重ねてきましたが、参加者、出展者の皆様が安心して来場することができないと考え、開催を中止するほか無いとの結論に至りました。
 今年1月には緊急事態宣言が再度発出され、関東では現在も継続されています。緊急事態宣言が解除されたとしても、この状況で無理を押してイベント開催しても混乱を招いてしまうかもしれません。多くの皆様よりイベント開催の御要望をいただく中、二年続いて中止の案内をお送りすることになり、申し訳なく、また大変残念に感じております。

 この一年以上、例年通りのウイスキーのイベントの開催が難しくなっているいま、私達も旧来とは異なる手法を採るべきだと考えます。
 当フェスティバル運営を行うウイスキー文化研究所では、完全オンラインイベントにも挑戦いたします。4月1日を「ジャパニーズウイスキーの日」として、全国一斉乾杯イベントを開催いたします。この新しい挑戦も応援いただければ幸いです。イベントは無料でもご参加いただけますが、クラウドファンディングで、乾杯セット付のリターン等もご用意しております。
https://camp-fire.jp/projects/view/385553

 また、『ウイスキーフェスティバル大阪2021』は遠隔地でもあり、細やかな対策が難しいと判断し、開催中止といたします。
『ウイスキーフェスティバル東京』につきましては本年11月開催に向けて、対策等を検討して参ります。

 来年以降、状況が十分に落ち着いた際には、あらためてジャパニーズウイスキーフェスティバルを企画し、盛大に開催したいと考えております。その時はどうぞよろしくお願いいたします。

敬具

 

2021年3月2日

ジャパニーズウイスキーフェスティバル実行委員会

拝啓 時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
 4月24日、25日に予定していた「ジャパニーズウイスキーフェスティバル2021」を中止とする決定をいたしましたので、ここにご案内申し上げます。

 「ジャパニーズウイスキーフェスティバル」は本来であれば2020年に第1回を開催する予定でしたが、当時新型コロナウイルスが猛威を振るう中、延期そして開催を断念せざるを得ませんでした。今年こそはとさまざまな対策を練り、ギリギリまで開催に向けた議論を重ねてきましたが、参加者、出展者の皆様が安心して来場することができないと考え、開催を中止するほか無いとの結論に至りました。
 今年1月には緊急事態宣言が再度発出され、関東では現在も継続されています。緊急事態宣言が解除されたとしても、この状況で無理を押してイベント開催しても混乱を招いてしまうかもしれません。多くの皆様よりイベント開催の御要望をいただく中、二年続いて中止の案内をお送りすることになり、申し訳なく、また大変残念に感じております。

 この一年以上、例年通りのウイスキーのイベントの開催が難しくなっているいま、私達も旧来とは異なる手法を採るべきだと考えます。
 当フェスティバル運営を行うウイスキー文化研究所では、完全オンラインイベントにも挑戦いたします。4月1日を「ジャパニーズウイスキーの日」として、全国一斉乾杯イベントを開催いたします。この新しい挑戦も応援いただければ幸いです。イベントは無料でもご参加いただけますが、クラウドファンディングで、乾杯セット付のリターン等もご用意しております。
https://camp-fire.jp/projects/view/385553

 また、『ウイスキーフェスティバル大阪2021』は遠隔地でもあり、細やかな対策が難しいと判断し、開催中止といたします。
『ウイスキーフェスティバル東京』につきましては本年11月開催に向けて、対策等を検討して参ります。

 来年以降、状況が十分に落ち着いた際には、あらためてジャパニーズウイスキーフェスティバルを企画し、盛大に開催したいと考えております。その時はどうぞよろしくお願いいたします。

敬具

 

2020年4月28日

ジャパニーズウイスキーフェスティバル実行委員会

拝啓 時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます。
 7月5日に予定していました「ジャパニーズウイスキーフェスティバル2020」は、新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を鑑み、中止することといたしましたので、ここにご案内申し上げます。

 ジャパニーズウイスキーフェスティバル2020は、ジャパニーズウイスキー100周年となる2023年まで、あと3年となった本年にこれを大いに盛り上げようと企画されたものです。今年は東京オリンピックも開かれる予定であり、ジャパニーズウイスキーに世界からの注目が集まると考えられていました。
 また、2016年以降、日本ではクラフト蒸留所が次々に設立され、ニューポットや3年の熟成を迎える原酒などが一堂に会する機会として期待されておりました。ウイスキー以外にもジャパニーズクラフトジンに目を向ければ、その勃興は眼を見張るほどで、ここ数年で数多くのブランドが誕生しています。
 ジャパニーズウイスキーフェスティバルは、国内のウイスキーとスピリッツの生産者が直接消費者と交流を持ち、内外にその素晴らしさを発信するイベントとしてその準備が進められておりました。

 一方、1月に初めて日本でも感染が確認された新型コロナウイルスは世界中でその猛威をふるい、日本全国で大小のイベントがことごとく延期、中止となっていきました。運営にあたるウイスキー文化研究所は本フェスティバルを安全に開催するため、3月13日には延期を決定し、開催を当初予定していた4月12日から7月5日といたしました。
 しかしながら、日本国内の感染者数が著しく増加したことを受け、4月7日には7都府県で、4月16日には日本全国で緊急事態宣言が発令されるにいたっております。宣言の後にも、状況の分析と対応策について何度も議論を重ねてきましたが、安全な開催をお約束できないと判断し、誠に残念ではありますが、本フェスティバルを中止することを決定いたしました。

 緊急事態宣言下の東京では、5名以上の集会の自粛要請がされるなど、強い規制がかかっています。この緊急事態宣言は短くとも5月6日まで続き、その後撤回される見込みも現時点では測れません。終息の見通しの立たないこのような状況下では、正常な開催を目指すこと自体がすでにリスクをはらんでおります。出展者の方には無用の準備を強い、参加予定者には当日まで不安を抱えたままお待ちいただくこととなりかねません。また、終息後にすべての準備を始めるとしても、十分な時間はありません。

 延期決定後も変わらず参加をご予定いただいている皆様、出展希望の連絡をいただいた企業の皆様、再度スケジュール調整をしていただいたセミナー講師の皆様、ご期待に沿うことができず大変申し訳ありません。この場を借りてすべての関係者の皆様にお詫び申し上げます。
 来年以降、状況が十分に落ち着いた際には、あらためてジャパニーズウイスキーフェスティバルを企画し、盛大に開催したいと考えております。その時はどうぞよろしくお願いいたします。

敬具

 

 6月7日(日)に開催を予定していた「ウイスキーフェスティバル 2020 in 大阪」は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響を受け中止となりました。
 イベント自体は中止となってしまいましたが、開催当日に限定販売を予定していた全3種類の「開催記念ボトル」は、弊社に届いたたものから順次、開催予定日よりも前倒しして、ウイスキー文化研究所オンラインショップにて販売いたします。
 この機会にぜひ、ご自宅でゆっくりとウイスキーをお楽しみください。

まずは第1弾として、「ベンリネス」「カリラ」の2種類を4月27日(月)12:00(正午)より販売開始します。
ラベルに使われている印象的な写真は、ウイスキー評論家・土屋守の原点である、
40年前のチベットの旅で撮影されたものです。


今回、ラベルの写真にちなみ、大阪フェス2020・開催記念ボトル「ベンリネス」または「カリラ」を
お買い上げいただいた先着100名には、土屋守初の写真集、
『天空の國、ラダック・ザンスカール』をプレゼントいたします!

本書には、2本のボトルに使われているのと同じく土屋が撮影したチベットの写真が
多数収められています。
ぜひオリジナルボトルと併せてお楽しみください。

 ※写真集プレゼント企画の対象ボトルは「ベンリネス」「カリラ」の2種類のみです。
 ※「ベンリネス」「カリラ」の両方をお買い求めいただいた場合、また、それぞれを2本以上
  お買い上げいただいた場合でも、写真集はお一人1冊とさせていただきます。
 ※写真集はボトルと別送となる場合がございます。
 ※本プレゼント企画は発売より1ヶ月の期間限定で行います。
 ※予定数になり次第終了とさせていただきます。

BENRINNES 2008 11YO
(ベンリネス)

<ボトル解説>
 ベンリネスはスペイサイドの山の中腹に1826年に創業した蒸留所で、スペイサイドで一番高いベンリネス山(標高840メートル)から、その名が付けられた。現在はディアジオ社の系列で、オフィシャルボトルはほとんどリリースされていない。わずかに「花と動物シリーズ」のボトルが知られるくらいだ。ベンリネスはモートラック同様、“ディアジオの異端児”と言われる蒸留所で、モロミの一部を3回蒸留する独特の蒸留システムで造られている。99%がディアジオのブレンド用で、シングルモルトとして出回るのは1%にも満たない。一切、見学を受け付けておらず、そういう意味ではディアジオ29蒸留所の中でも、特異な存在となっている。
 このベンリネス2008年は、ボトラーズが持っていた樽からボトリングされたもので、使用している樽はリフィルのホグスヘッド樽。モートラック同様、リッチでスパイシーな香味を持ちながら、よりスペイサイドらしいエレガントで、フルーティーな良さが強調されている。グラスから立ち昇るアロマを嗅いでいると、ベンリネス山の豊かな自然、春先のハリエニシダや、夏のヘザーの香りが蘇るかのようだ。まさにマウンテンデュー(山の露)といえる一杯だ。

<アロマ>
熟したバナナ、パイナップル、マスクメロン。フルーティーかつフローラルで、ハニーサックルやハリエニシダ、ヘザーの香りが漂ってくる。バタースコッチ、ショートブレッド、和三盆。

<フレーバー>
スイートで、旨みが凝縮されている。複雑でスパイシー。余韻は中程度で、スパイシーに切れ上がる。

<総合>
リフィルのシェリーホグスヘッド樽か…。まるで森林浴をしているよう。マウンテンデュー。

蒸留:2008年
瓶詰:2019年
容量:700ml
度数:54.3%
カスクタイプ:ホグスヘッド

販売価格 9,350円(税込)

商品ページはこちら


CAOL ILA 2008 11YO
(カリラ)

 今回、大阪フェスで選んだオリジナルラベル2本のうちの1本。ベンリネスがスペイサイドモルトの良さが出ているモルトだとすると、このカリラはアイラの良さが凝縮されている。カリラは1846年に創業した蒸留所で、現在はディアジオ社の所有。生産能力は年間650万リットルとアイラ最大。ラガヴーリンやラフロイグと同じ、フェノール値35ppmの、ポートエレン製麦芽を使っているが、ピーティでスモーキーなアイラモルトの特徴を、もっともよく表しているのが、このカリラ。ボディは中庸で、使用する樽もリフィルの使い古したものが多いせいか、色が薄く、ダイレクトにアイラモルトの特徴を感じることができる。このカリラ2008年も、リフィルのホグスヘッドで、元々バーボンカスクと思われるが、カリラらしさが表れている。シングルカスクのカスクストレングスが味わいたければ、まさにピッタリの1本だ。

<アロマ>
スモーキーでピーティ。焚き火の燃えカス。穏やかな潮の香り。ややアーシーで、かすかなタールも感じる。海辺で一人、焚火をしているかのよう…。

<フレーバー>
スモーキーだがスイートで、スパイシー。ミディアムボディ。甘・辛・酸のバランスがとれていて、カリラらしいカリラ。

<総合>
一人キャンプのお供に。ホーローかチタンのマグカップで、飲むのもお薦めか。

蒸留:2008年
瓶詰:2019年
容量:700ml
度数:58.2%
カスクタイプ:ホグスヘッド

販売価格 10,450円(税込)

商品ページはこちら

ご来場いただく全員にウイスキーフェスティバルを心から楽しんでいただくために、いくつかご注意いただきたい点がございます!しっかり守って素敵な時間が過ごせるよう、ご協力をお願いいたします。

 

会場内へのお酒・食べ物の持ち込みはご遠慮ください。
当日は各ブース方々が自慢の商品を持ってきています。
せっかくのWhisky Festivalですので、会場内のウイスキーやフードを思いっきり楽しみましょう!
※水・ソフトドリンク等のお飲み物の持ち込みはもちろんOKです!

 

再入場にはリストバンドが必要です!
失くしたり、外してしまった場合には再入場ができませんので、くれぐれもご注意ください。

20歳未満の方はご入場いただけません。
大変恐れ入りますが、保護者同伴でもご入場をお断りしております。

ボトルの転売、営利を目的としたお申込みは固くお断りいたします。
ボトルの数に限りはありますが、ウイスキーファンの皆さまに、平等で正しい価格のウイスキーをお楽しみいただきたいです。

飲み過ぎには注意しましょう。
会場内には世界中のウイスキーが集まっていて、どうしても飲む量が増えてしまいますが、飲み過ぎにはご注意ください。深酔いをふせぐため、入場の際にペットボトルのお水をお渡ししています。また、会場内に給水所を設置していますので、水分補給を忘れずにしましょう!

 

それでは会場でお待ちしています♪

 ■駒ヶ岳 2012 7yo は抽選販売のみです

ウイスキーフェスティバル2019 in東京開催記念ボトル「駒ヶ岳 2012 7yo」のご購入希望の方は必ずご確認下さい。
「駒ヶ岳 2012 7yo」は人気の集中が予測され、混乱を招く可能性がございますので、全て抽選販売といたします。お一人様につき一回限り、ボトルの抽選に参加することが可能です。当選された方のみ、購入することができます。なお、一般販売は行いません。

glenallachie_rgb
駒ヶ岳
2012 7yo
700ml
13,000円(税込)
1日136本限定
お一人様1本

 ■ 抽選場所・時間 

@会場内抽選会場

16(土)13:00~16:00(先着1,000名)
17(日)12:00~15:00(先着1,000名)

1. 建物内のホワイエ(廊下)に抽選会場を設けています。以下の地図をご参照ください。
2. お一人様につき、一回限り抽選にご参加いただけます。
3. 先着1,000名分の抽選券をご用意しております。
4. 数に限りがございますので、1,000名の抽選が終わり次第終了いたします。ご了承ください。
5. 抽選にて当選された方には、購入引換券をお渡しします。

 ■ 販売場所・時間 

@ウイスキー文化研究所ブース(No.86)

16(土)13:00~17:00
17(日)12:00~16:00

1. 「購入引換券」を持ってウイスキー文化研究所ブースまでお越し下さい。
2. 引き換え時間を過ぎるとご購入いただけません。
3. 購入した商品の取り置きはできかねます。

 ■ 一般販売について 

両日とも、全て抽選販売といたします。
一般販売の予定はございません。

■ その他注意点

1. 購入引換券を紛失・盗難・破損された場合、再発行はいたしませんので、ご注意ください。。
2. スタッフの指示に従わない場合、その方への販売を行わない場合がございます。
3. ボトルの転売、営利を目的としたお申込みは固くお断りいたします。

=========================================================== Notification of “Komagatake 2012 7yo”

■About sales method of “Komagatake 2012 7yo”
“Komagatake 2012 7yo” is the original bottle of Whisky Festival 2019 in Tokyo. It is sold by lottery only. Visitors have a chance to participate in the lottery only once per person.Only winners can purchase the bottle.

■Time /Location for lottery
Time
16th (Sat) 13:00~16:00
17th (Sun) 12:00~15:00

Location
Please refer to the map below.


*Each person can participate in the lottery only once.
*There are 1000 lottery tickets available for each day.

■Time /Location for sales(For only winners of lottery)
Time
16th (Sat) 13:00~17:00
17th (Sun) 12:00~16:00

Location
Booth No.86 (Japan Whisky Research Centre)

*Tickets are only available at the times listed above.Tickets become invalid after the above time.Please come to the Booth No.86 in time.

■Cautions
1, If you lost tickets, it will not be reissued.
2,If you do not follow the staff’s instructions, you may not be available for purchase.
3,Purchases for resale or profit are strictly prohibited.

 ■ 開催記念ボトル購入引換券を配布いたします  

ウイスキーフェスティバル2019 in東京開催記念ボトルのご購入を検討されている方は、必ずご確認下さい。 開催記念ボトルの購入引換券を配布いたします。配布時間が、16日(土)と17日(日)で異なりますのでご注意ください。なお、引換券不要の一般販売は、開場後順次開始いたします。

glenallachie_rgb macduff_rgb NO.9-1-KAVALAN DISTILLERY RESERVE SINGLE CASK STRENGTH SINGLE MALT WHISKY【RUM CASK】
グレントファース
1992 21yo
ティーリング
2003 15yo
マノックモア
2007 12yo
700ml 700ml 700ml
19,000円(税込) 11,000円(税込) 9,000円(税込)
1日10本限定 1日48本限定 1日42本限定
お一人様1本まで お一人様2本まで お一人様2本まで

オリジナル100mlボトル
■スコッチブレンデッドウイスキー
■アイリッシュブレンデッドウイスキー
■ジャパニーズブレンデッドウイスキー
■アメリカンブレンデッドウイスキー
■ワールドブレンデッドウイスキー
各100ml
各1,000円(税込)
1日各50本限定
お一人様各1本まで

 ■ 購入引換券配布場所・時間 

@入場待機列

16(土)(一定の人数が集まり次第)~11:15

17(日)(一定の人数が集まり次第)~10:15

1. 会場正面入り口の入場待機列へ1列でお並びください。場所は以下の地図をご参照ください。列の最初と最後にプラカードを設置いたしますので、目印にしてください。

2. 配布開始は混乱を防ぐため、一定の人数が集まり次第といたします。

3. 入場待機列へお並びいただいた順に購入引換券をお配りします。

4. 数に限りがございます。そのため、締め切り時間(1日目、11:15/2日目、10:15)より前に引換券を配り終える可能性がございますので、ご了承ください。

 ■ 販売場所・時間 

@ウイスキー文化研究所ブース(No.86)

16(土)12:30~14:30
17(日)11:30~13:30

1. 上記の時間に「購入引換券」を持ってウイスキー文化研究所ブースまでお越し下さい。
2. 引き換え時間を過ぎるとご購入いただけません。
3. 購入した商品の取り置きはできかねます。

 ■ 一般販売について 

グレントファース、ティーリング、マノックモア

1. 開場時間からウイスキー文化研究所ブース(No.86)にて一般販売を開始します。
2. 一般販売では、購入引換券をお持ちでない方もご購入いただけます。
駒ヶ岳
1. 両日とも、全て抽選販売といたします。
100mlボトル
1. 両日とも、全て購入引換券での販売といたします。

■ その他注意点

1.購入引換券を紛失・盗難・破損された場合、再発行はいたしませんので、ご注意ください。
2.危険防止のため、場内では走らないようお願いいたします。
3.スタッフの指示に従わない場合、その方への販売を行わない場合がございます
4.深夜・早朝などからのお並びは、スタッフ一同、皆様の体調を心配していますのでご遠慮ください
5.近隣の方の迷惑になる行為は絶対におやめ下さい
6.ボトルの転売、営利を目的としたお申込みは固くお断りいたします

=========================================================== Notification of original bottles for Whisky Festival 2019 in Tokyo
※Except for “Komagatake 2012 7yo”

■About sales method of original bottles
We will distribute purchase vouchers of original bottles for Whisky Festival 2019 in Tokyo.
Please note that the distribution time differs between the 16th and 17th.

※”Komagatake 2012 7yo” is sold by lottery only.We will not distribute purchase vouchers.
Click here for details on how to purchase “Komagatake 2012 7yo”.

■Time /Location for distribution of purchase vouchers
Time
16th (Sat) Until 11:15
17th (Sun) Until 10:15

Location
At the front entrance of the venue

1,Please line up at the entrance waiting queue at the front entrance of the venue. Please refer to the map below.
2,Distribution will start as soon as a certain number of people gather.
3,Please note that there is a possibility of giving out the voucher before the above time.


■Time /Location for sales
Time
16th (Sat)12:30 ~ 14:30
17th (Sun)11:30 ~ 13:30

Location
Booth No.86 (Japan Whisky Research Centre)

*Tickets are only available at the times listed above.Tickets become invalid after the above time.Please come to the Booth No.86 in time.

■Cautions
1,If you lost tickets, it will not be reissued.
2,If you do not follow the staff’s instructions, you may not be available for purchase.
3,Please refrain from lining up from midnight or early morning.
4,Please refrain from any acts that may cause inconvenience to the neighbors.
5,Purchases for resale or profit are strictly prohibited.


Warning: include(/home/swrc/www/whiskeyfes/wp/wp-content/themes/wf./../../../../common/subfoot.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/swrc/www/whiskeyfes/wp/wp-content/themes/wf/archive.php on line 80

Warning: include(): Failed opening '/home/swrc/www/whiskeyfes/wp/wp-content/themes/wf./../../../../common/subfoot.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.6/lib/php') in /home/swrc/www/whiskeyfes/wp/wp-content/themes/wf/archive.php on line 80

Warning: include(/home/swrc/www/whiskeyfes/wp/wp-content/themes/wf./../../../../common/footer-sns.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/swrc/www/whiskeyfes/wp/wp-content/themes/wf/archive.php on line 84

Warning: include(): Failed opening '/home/swrc/www/whiskeyfes/wp/wp-content/themes/wf./../../../../common/footer-sns.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php/5.6/lib/php') in /home/swrc/www/whiskeyfes/wp/wp-content/themes/wf/archive.php on line 84